今までありがとうございました!


最近色々と悩むことが多くなってきました
まぁ人間、悩むことで成長していけるんだと信じていますけど…

当サイトについてorz


●最近忙殺されていて更新が滞りがちに…
とか言いつつ、ちょっとブログの主旨を変更しようかなぁと考えたりしてます
雑記ブログの方が自由に好きな風にできるんじゃないかなぁとか思いますし…
ただそうすると、皆さんからの注目を集めることができるような「何か」が必要になりそうなんだけどねぇ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

xxxHOLiC・継 第2話 「左眸 -ヒダリメ-」  

眸の取り合い


holk2-0.jpg






●本の蟲
holk2-1.jpg

クモに取られた目を取り戻そうと手段を探る百目鬼が気になるワタヌキは、料理をこさえて蔵にくる
蔵でワタヌキが見つけ出した一冊の本に、目を取り戻す手段が記載されていた
そのとき、気配を感じたワタヌキは それ を避けることができた
本からでてきた奇妙なモノ
目を取り戻す手段の本の文字を喰らうモノ
何もできないでいる二人のところに侑子さんが現れ、四方の御札を使ってそれを活動不能にした
そして侑子さんは問う、蟲がついていた本は誰の本か、と
それは、ひまわりちゃんから借りた本





●カラス天狗の願い
holk2-2.jpg

翌日の学校からの帰り道
金魚を追う今風の女の子発見
その子からワタヌキの眸が奪い合いになっていると聞かされ、侑子さんからは、早くしないと取り返しのつかないことになるかもしれないと聞かされる
次の日、またしてもワタヌキは右眸に違和感を覚え、次の瞬間目の前で交通事故
何がなんだか分からないワタヌキの頭を叩いたのは、血相を欠いているカラス天狗たちだった
彼らの願いは、座敷童が囚われている場の結界を崩してほしいというもの
秘宝の天狗の団扇を対価に、侑子さんは結界を崩すこととワタヌキと管狐を同行させることを了承
ワタヌキの意思は固かった
自分の所為で座敷童が囚われてしまったという事実が、どうしようもなく胸を締め付けているのかもしれない




●次回
holk2-9.jpg



スポンサーサイト

[2008/04/13 12:00] xxxHOLiC・継 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aniima.blog62.fc2.com/tb.php/1037-b66fbe4a













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。