今までありがとうございました!


最近色々と悩むことが多くなってきました
まぁ人間、悩むことで成長していけるんだと信じていますけど…

当サイトについてorz


●最近忙殺されていて更新が滞りがちに…
とか言いつつ、ちょっとブログの主旨を変更しようかなぁと考えたりしてます
雑記ブログの方が自由に好きな風にできるんじゃないかなぁとか思いますし…
ただそうすると、皆さんからの注目を集めることができるような「何か」が必要になりそうなんだけどねぇ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

xxxHOLiC・継 第7話 「水猫 -ミズクミ-」  

原作とわずかながら異なる展開になってまいりました
卵……
原作では白モコナから送られてくることになってたんですけどねぇ




holk7-0.jpg








●朽ちぬ肉体
holk7-1.jpg

猫娘からの依頼でワタヌキはとある屋敷の井戸で水を汲むことに
ワタヌキは井戸を望む女性の姿を発見するが、相手はワタヌキに気づかない??
何日か続け、毎日女性は窓から外を望んでいた
と、舞台は一度学校へ
ワタヌキの調子を気にするひまわり
気をつけるように、という約束を交わすために指切りを……
その放課後も百目鬼と水汲みへ
風呂敷で瓶を包もうとしたときに小指に激痛が走り、風呂敷は風に運ばれて女性のいる部屋へ入ってしまう
ワタヌキと百目鬼は風呂敷を拾うために屋敷へ
女性のいる部屋へ入ったワタヌキは、その女性を人形だと言う
そこへ侑子さんが登場し、百目鬼に意見を促す
百目鬼は、彼女を遺体だと言った
夏場、死後少なくとも一週間以上経過しているにも拘らず、傷んだ様子もなく異臭もしない
それでも遺体であることに変わりない
現在は日常的に口にする食物に、添加物や保存料が使用されているため、体の中に防腐剤があるのと同じ状態だと言う
死して、その肉体は朽ちることなく現世に残る
仮に、これと同じような状態に陥ったとき、それは喜ぶべきことなのか悲しむべきことなのか
変わることない肉親を目にできるという点においては、それを喜ぶべきことと捉える人もいるだろう
一方で、死んでしまったのだから精神と共に肉体も弔ってあげるべきだと主張する人もいるだろう
どちらの考えが正しいとか正しくないということは決められないだろうが、少なくとも、自然の摂理で言えば、機能しなくなった肉体は朽ちて土に還ることが望ましい結果なのではないだろうか





●次回
holk7-9.jpg



スポンサーサイト

[2008/05/18 23:07] xxxHOLiC・継 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aniima.blog62.fc2.com/tb.php/1056-ff3cdb81













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。