今までありがとうございました!


最近色々と悩むことが多くなってきました
まぁ人間、悩むことで成長していけるんだと信じていますけど…

当サイトについてorz


●最近忙殺されていて更新が滞りがちに…
とか言いつつ、ちょっとブログの主旨を変更しようかなぁと考えたりしてます
雑記ブログの方が自由に好きな風にできるんじゃないかなぁとか思いますし…
ただそうすると、皆さんからの注目を集めることができるような「何か」が必要になりそうなんだけどねぇ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バーテンダー 第6話 「グラスの中の物語」 

個性とは、強すぎると世間に認めてもらえない。
けれど、個性を無くすことはできないわけで、だから選択を強いられることとなるんです


bar6-0.jpg

男が4種の酒を飲んだ後、何を飲むことを希望しているか、を当てさせようとする
で、そんな男がイーデンホールに訪れて、佐々倉さんは見事言い当てたわけです
そんなところにもう一人の男。映画監督らしい


bar6-1.jpg




そしてお酒の話しが延々と語られるわけです
ウイスキーっていうのは、税金逃れのためにできたお酒だったんですね


bar6-2.jpg




で、二人の男が喧嘩しちゃうわけです
新しい映画を作れないのは、頑固なせいだとか、世間をみようとしないだとか・・・・・・


bar6-3.jpg




毎度そうではありますが、佐々倉さんが仲を戻させるわけです
お酒が燃えるシーンは、毎度ながらわくわくさせられてしまう


bar6-4.jpg





次回、休日のお話し?

bar6-5.jpg

スポンサーサイト

[2006/11/26 10:13] バーテンダー | TB(3) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aniima.blog62.fc2.com/tb.php/184-af8d51b4


バーテンダー・第6話

「グラスの中の物語」 銀座のバーを巡り、謎掛けをして回る脚本家・笠原。彼が、そう
[2006/11/26 14:43] URL たこの感想文

バーテンダーBartender 第6話感想

 美和タソカワエエ……。 先週はお休みだった美和タソ。 今回は、ちゃんと登場しました。 物語本編に登場っていいうよりは、演出部分で視聴者に対しての味付けを担当していました。 ま、このアニメは演出に凝
[2006/11/27 11:15] URL 少年カルコグラフィー

バーテンダー 第6話「グラスの中の物語」

バーテンダー 第6話グラスの中の物語
[2006/11/28 20:58] URL アニヲタキング











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。