今までありがとうございました!


最近色々と悩むことが多くなってきました
まぁ人間、悩むことで成長していけるんだと信じていますけど…

当サイトについてorz


●最近忙殺されていて更新が滞りがちに…
とか言いつつ、ちょっとブログの主旨を変更しようかなぁと考えたりしてます
雑記ブログの方が自由に好きな風にできるんじゃないかなぁとか思いますし…
ただそうすると、皆さんからの注目を集めることができるような「何か」が必要になりそうなんだけどねぇ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

瀬戸の花嫁 第弐拾六話 最終回 「きみの帰る場所」  

いい最終回だった!
いいアニメだった!
これはかなぁ~り良かった!!!



set26-0_20071001204001.jpg




●囚われの姫
set26-1_20071001204009.jpg

サンを助けるために、ナガスミ・ルナ・三河・猿が挑む!
一方オヤジをはじめ、瀬戸内組面々は歯がゆさを感じ、悔やみに堪える
そしてバカに囚われた姫は、未だ意識無し
不知火嬢のコスプレ(マテ)がいい感じw





●突撃!
set26-2_20071001204014.jpg

三河組の特攻に加えてルナの歌で貴族の守護と対立
一人ナガスミはバカのいる間へ
そこで待っていたのは不知火嬢
貴族に背くことのできない立場にいながら、それでもナガスミの呼びかけで信念を取り戻したところは、ちょっと描き足りない印象が強く残念
でも流れはGOOD!





●一丸
set26-3_20071001204019.jpg

瀬戸内組の本領発揮
シャークのセリフには笑ってしまったw
そしてピンチには、必ず現れる男がいる!
セーラー服を纏ったターミネーター!!!
ちょっww 少し場をわきまえろw





●ナガスミの思い!
set26-4_20071001204023.jpg

ナガスミがサンに対する思いを叫んだシーンは感動した!
素直になるってとても難しいけれど、でもそんな恥ずかしさなんて大切な人を失う苦しみに比べれば・・・いや、比べることなんてできないね
応えたサンがまたいいぞこのやろうw
まぁ撃たれた後のパロ展開はどうだろうよ。。。





●これが瀬戸内魂! これぞ瀬戸の花嫁!
set26-5.jpg

パロディー色が強いにも拘らず、それでも大切?な熱いメッセージがストレートに発信されるのは、瀬戸の花嫁という作品だからではないだろうか
「まこと」の「おとこ」と書いて 仁侠
「おとこ」を「まかす」と書いて 任侠
人魚と書いて 「にんきょう」と読む





●誓い
set26-6.jpg

改めての告白
いいハッピーエンドだ!





●変わらない想い 変わった想い
set26-7.jpg

サンはナガスミを ナガスミはサンを 好きな気持ちは変わらないと思う
けれど今まで以上に、相手を思いやる気持ちが芽生えたんじゃないだろうか
それにしても・・・
ナガスミが変体したのはどういうこっちゃwww





これより、独断と偏見と好みを加味した評価をつけさせていただきます
尚、当評価は、当該作品を誹謗中傷するような意思はなく、あくまで個人の感想の総まとめ程度とお考えください


各評価の理由等は、評価の後に記させていただきます
★:1点
☆:0.5点
星半分の記号は無かったんですorz
最大評価は★5個であり、最小評価は☆1個とします

評価の基準とかオススメ度とか……

0.5点=もうヤメれ
1点・1.5点=ダメだこりゃ
2点・2.5点=二度目はないな
3点=良くも悪くもなく
3.5点=良作たる出来
4点=名作と言っても過言じゃない
4.5点=神アニメの領域ですね
5点=神アニメを超えたから判定できません

0.5点~2.5点=オススメしません
3点=好き好きですが、一見してみてもいいのでは?
3.5点=画が嫌いでなければ見てみてくださいよ
4点=一見することをオススメします
4.5点=一度ならず二度三度見なさいw
5点=見なきゃ損するどころじゃ済まない!あなたは何のためにアニメを見てるんだ!!


ストーリー:★★★★(4)
キャラクター:★★★★(4)
キャスト・演出・音楽・その他:★★★☆(3.5)
作画:★★★☆(3.5)
総合評価:★★★★(4)

●ストーリー講評
軽い中にも大切なメッセージがこめられた作品
最近軽いアニメが増え、それ自体は悪くないのだけれど、その軽さに少しスパイスを加える要領で大切なメッセージを込めるアニメが増えてきている
それは個人的に、めちゃくちゃ気に入らない
もし、主旨としてその大切なメッセージを伝えたい、という思惑があったとしても、それを最終回近辺でちらつかせ、その勢いで作品を終わらせるなんて愚の骨頂
軽い笑えるアニメというのはとっても重要なのだから、そのスタイルを貫き通してほしいものである
そんなイマイチな軽いアニメの中にあって、この瀬戸の花嫁は前者とは異なるタイプ
根底には愛情や友情が敷かれ、その上に笑いを持ってきてる
これは設定がうまいかな
命のやりとりをパロにされると気に食わないけど、パロはパロでも・・・要はマジなんだよ
ふざけがないの
笑わせてくれるけど、マジ
楽しいけど泣ける
美味しいところをちょっとずつ詰め込んだお得なアニメ というのが私の感想総括かもしれない



●キャラクター講評
単なるキャラ萌え趣向でもいいし
友情メインで見てもいいし
愛情メインで見てもいいし
命やそれに順ずる大切なものに焦点をあててもいい
ストーリーを愉しむ上で、その全てにキャラが活きてるような気がします
まぁ、個人的にはもうちょっとルナパパ出してほしかったw



●キャストやら演出やら音楽やらその他講評
特段文句なし
特段輝くとこもなしw
キャラやストーリーが際立って注目できなかったw



●作画講評
崩壊はほとんどなし
ただ、画が動きすぎてキャプ困難w
凄いことなんだけど、惜しいよね
で、あまりに動きすぎるから普通に見てても目にくる
ちょっと疲れるシーン多いかも?




●総合的講評
ストーリー講評とキャラ講評が全てかな?
とてもバランスのとれたアニメだと思う
系統は違うし、面白さの内容も違うけど、根底の流れみたいなのは涼宮ハルヒに共通するところがあるんじゃないかと思ってます
笑うところは笑う、怒るところは怒る、泣くところは泣く
感情がとても揺らぐアニメですね
泣けるアニメということで、ヒロイックエイジが直近ではあるけれど、まぁ言わずともわかると思いますが系統が違いすぎるw
あくまで笑いが強いのが瀬戸の花嫁だね
うんうん、なんだかんだ不満がなかったわけじゃなかったけど、とても楽しめた作品だったと思います
満足です



当ブログの ヒロイック・エイジ の記事を目にしていただき誠にありがとうございました
これからも当ブログを宜しくお願いします






    





瀬戸の花嫁 1 (1)  瀬戸の花嫁 2 (2)
瀬戸の花嫁 3 (3)  瀬戸の花嫁 4 (4)
瀬戸の花嫁 5 (5)  瀬戸の花嫁 (6)
瀬戸の花嫁 7 (7)  瀬戸の花嫁 (8)
瀬戸の花嫁 9  瀬戸の花嫁(10)
瀬戸の花嫁 11 (11)  瀬戸の花嫁 12 (12)




ブログパーツ
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aniima.blog62.fc2.com/tb.php/806-ab4a8f01


瀬戸の花嫁 第26話 「きみの帰る場所」

今期一番、はっちゃけたこの作品もファイナル! 義魚に攫われた燦ちゃんを取り戻すべく、永澄たちは敵地に突入。 アトラクション番組と騙されたサル、最後まであほです(^^; 永澄史上最大の怒り。最大最後の戦いへ~。
[2007/10/01 21:29] URL SERA@らくblog

瀬戸の花嫁 第弐拾陸話(最終話)

最終話『きみの帰る場所』永澄軍団が到着。 「キモイのはお前のほうだ!」 ってよく言った。 明乃も義魚側から永澄側へ。
[2007/10/01 21:59] URL 沖磨純雲 -おきまもとん-

瀬戸の花嫁 第26話 「きみの帰る場所」 (最終回)

瀬戸の花嫁   評価:3.5   [ラブコメディ ドタバタギャグ]   テレビ東京 : 04/01 26:00~   テレビ愛知 : 04/02 27:43~   テレビ大阪 : 04/06 27:40~   テレビせとうち : 04/07 26:10~   AT-X : 2007/05~   原作 : 木村太彦(『月刊ガ?...
[2007/10/01 22:08] URL アニメって本当に面白いですね。

瀬戸の花嫁 最終回

最終回 今期一番爆笑した作品「瀬戸の花嫁」も今日で最後。ラストにふさわしい展開、、、かな?エロ澄さんは燦ちゃんを救えるか!?
[2007/10/01 22:28] URL 主婦Yのアニメ話~ Y no Anime

瀬戸の花嫁 第26話 「きみの帰る場所」

「女はバラエティじゃねぇ、やっぱ」 意味わからんw 先週から義魚の喋り方が耳から離れないんですが(^^; これって、まじヤバくね?w 永澄たちが到着。 しかし、辺りは敵だらけ。敵に囲まれて攻撃されても全
[2007/10/01 22:34] URL リリカルマジカルS

[終]瀬戸の花嫁 #26「きみの帰る場所」感想

燦が囚われの身に うざい貴族男だなぁ 海の底でどでかい戦争勃発w 永澄だけがアビリティMAXで助かったそうで。 不知火は家のルールにより敵対することに 組のみんなが助けに来るところかっこよすぎだろ! ルナパパキタ━━━(゚∀゚)━━━ なんでセーラー?...
[2007/10/01 23:14] URL サブカルなんて言わせない!

瀬戸の花嫁 第26話(最終話)

アニメ感想 瀬戸の花嫁 第26話(最終話)「きみの帰る場所」 <あらすじ> 燦を取り戻すため、海の潜水艇で留奈や猿と共に魚義の別荘へ向かう永澄。その手には、瀬戸内の夏休み...
[2007/10/02 00:14] URL 刹那的虹色世界

瀬戸の花嫁 弐十六話 直球勝負の最終回(下半期) 

■最終話 きみの帰る場所 今期を盛大に盛り上げてくれた瀬戸の花嫁もいよいよ最終回! オープニングの劇場版かと思わせる演出に、開始早々から 観ているこちらのテンションもクライマックスだっぜぇ!!! 三河
[2007/10/02 00:16] URL めもり~る~む

瀬戸の花嫁 第二十六話

 燦を取り戻すため、義魚の海底御所に乗り込んだ永澄。その前に立ちふさがるのは明乃
[2007/10/02 00:28] URL ぶろーくん・こんぱす

レビュー・評価:瀬戸の花嫁/第26話「きみの帰る場所」

品質評価 33 / 萌え評価 8 / 燃え評価 33 / ギャグ評価 25 / シリアス評価 8 / お色気評価 8 / 総合評価 20レビュー数 12 件 海の潜水艦で突き進む永澄たち。はたして、燦を取り戻すことが出来るのか?
[2007/10/03 18:51] URL ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

瀬戸の花嫁 第26話(最終話)

瀬戸の花嫁第26話、「きみの帰る場所」。 燦ちゃんを救出すべく義魚の屋敷に乗り込んだ永澄たち。大量の衛兵の相手は留奈と海にまかせ永澄は奥に進み、義魚を発見する。しかしそこ...
[2007/10/03 21:28] URL おちゃつのちょっとマイルドなblog

瀬戸の花嫁 第26話【最終話】

パねぇwww すごくナチュラルに話してるコイツらの中の人GJ! ホントnmkw様々なんだぜ。
[2007/10/03 22:48] URL 1日26時間

瀬戸の花嫁 第26話(最終回)

最終回は永澄が源義魚に立ち向かうお話でした。 永澄史上最大の怒りで立ち向かう姿は格好良すぎ。 色々と凄まじく、最後まで大いに楽しませていただきました。 永澄達は海の潜水艦で義魚の居場所目指して一直線。 サルはアトラクションだと騙されて参戦しているんで...
[2007/10/06 19:38] URL パズライズ日記











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。