今までありがとうございました!


最近色々と悩むことが多くなってきました
まぁ人間、悩むことで成長していけるんだと信じていますけど…

当サイトについてorz


●最近忙殺されていて更新が滞りがちに…
とか言いつつ、ちょっとブログの主旨を変更しようかなぁと考えたりしてます
雑記ブログの方が自由に好きな風にできるんじゃないかなぁとか思いますし…
ただそうすると、皆さんからの注目を集めることができるような「何か」が必要になりそうなんだけどねぇ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハチミツとクローバーⅡ chapter.7 

今回は、何やら野球の関係でホリックと被ってしまったため、画像はありません┏○ペコ


今回のメインは、モリタ家
お題は、回想




物語は冒頭から過去へ

思い出の中で働くお父様兼社長は、変な虫型の機械を発明していた
その奔放なところが、モリタさんに受け継がれたわけですね
しかもその開発したやつは、お父様の友人兼筆頭社員であるタツオに、それは必要ない! と思いっきり突っ込まれる始末

新入社員の試験日当日
試験日であることを忘れていた社長w
まぁどうでもよかったらしく、試験内容が突発的w
「紙と木と輪ゴムで作った飛行機を一番遠くまで飛ばせたやつを採用!」
あんたそりゃどんな試験だよw
みんな一生懸命飛行機作るものの、結局一番遠くまで飛ばせたのはモリタさんでした
でも、試験を受けにきていた学生?は再度受けさせて欲しいと懇願!
今さらながらに思うんですけど、やっぱり小規模な実務の多い会社って、どれだけ知識を持ってるかより、どれだけその素材を活かしきれるかだと思うんですよ
詭弁かもしれませんがね
その点で捉えれば、社長の出した試験っていうのは、意味のあるものだと解釈できる気がするんですけどね

この時、モリタ兄も飛行機を作って飛ばしたのだが、兄の飛行機は飛ばなかった
無常観だけがこみ上げる

その日の夕方
モリタさんがケガをしてしまい、慌ててお父様が駆けつけ、病院へ!
この時お父様は、モリタ兄に、タツオに後は任せる旨の伝言を頼みます
しかし実際には、モリタ兄も程度は軽いものの、怪我をしていたのです
自分にかまってくれない父
どうして振り向いてくれないの? 自分が悪いの? 何が足りないの?
ただもっと一緒にいたいだけなのに・・・

タツオに背負われながら父の話しを聞く
どんなに突拍子もなくても どんなに貧しくても それでも皆に愛されて、輝く父
しかし、そんな父でも、やはり完全無欠ではない・・・

タツオは病にかかっていた
彼は思う この世は1本道なのか? 他に道はなかったのか?
悔しかった その現実が もっと生きたかった
もしこの道を進んできたことが間違いだったなら、自分はなんて無意味な人生を送ることになったのだろうか・・・
タツオは父に賭けていた 違う世界を見せてくれるのではないか・・・
その結果、タツオは会社と父を裏切る行動に出る
この裏切りは、父に対する信頼と背中合わせだった

裏切りは買収
父は失望した 父は自分の力で頑張りたかった 誰かのしたで働きたくはなかった

タツオは病状が悪化し、その場に倒れこむ
目覚めた時には病院のベッドの上
そこで父に全てを話した
父はタツオを恨むことを公言する
しかし、モリタ兄とモリタさんにはそれを許さなかった

家族三人は、全てを置き去りにして街へ出た

街で父の発明品を見ることがあった
そこには、買収してきた会社のロゴが大きく張られていた
モリタさんはこの時、初めて“それ”に対する怒りを顕わにした

このときモリタ兄は一人悩んでいた
あのとき、病室で父に全てを話していたタツオの気持ちが理解できた
そして 確認する
自分は、シノブと父さんが羨ましかった
自分だけの“道”をもった二人が
自分にも自分だけの道があると思いたかった・・・


回想は終わる

道は 拓ける

モリタ兄弟は決意する
あの買収会社を 堕とす



そして皆が感じていた
これから起こること その全てはベールに包まれていて 知ることも見ることもできない
だから この先に起こるそれがどんな結末を向かえるか 誰にもわからなかったのだ・・・
本当に わからなかった




以下雑記

今回は久々に文字だけでお届けです

やっぱり 画像って偉大ですよね
文字だけで表現するのって、かなりツライです
文字だけで表現できているかたもいますがね・・・尊敬します






↓コロボックルをお願いします(`・ω・´)
  クリックどうぞ



↓こちらもよろしくお願いします(`・ω・´)
にほんブログ村 アニメブログへブログランキング




ハチクロをお求めの方は、↓よりどうぞ(`・ω・´)



ハチミツとクローバー 第2巻  ハチミツとクローバー 第3巻
ハチミツとクローバー 第4巻  ハチミツとクローバー 第5巻
ハチミツとクローバー 第6巻  ハチミツとクローバー 第7巻
ハチミツとクローバー 第8巻  ハチミツとクローバー 第9巻





ハチミツとクローバー DVD第2巻  ハチミツとクローバー DVD第3巻
ハチミツとクローバー DVD第4巻  ハチミツとクローバー DVD第5巻
ハチミツとクローバー DVD第6巻  ハチミツとクローバー DVD第7巻
ハチミツとクローバー DVD第8巻  ハチミツとクローバー DVD第9巻
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aniima.blog62.fc2.com/tb.php/92-a3c6afd6













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。